2008年08月10日

世界遺産って何だろう?

世界遺産って何だろう?と思って、Wikipedia で調べてみました。

世界遺産 - Wikipedia
世界遺産(せかいいさん)とは、1972年のユネスコ総会で採択された「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」(世界遺産条約)に基づいて、世界遺産リストに登録された遺跡や景観そして自然など、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」(Outstanding universal value)をもつものを指す。

つまり、「世界の文化遺産及び自然遺産の保護に関する条約」という通称「世界遺産条約」というのが、1972年にユネスコ総会っていう場で決められ、遺跡や景観や自然の中でも特に価値があると思われるもとを人類の宝として大切に守っていきましょう、って事が決められたと。

「顕著な普遍的価値」ってのは、「Outstanding universal value」という原文も併記されていますが、超意訳で「誰から見ても価値があるモノ」って感じでしょうか。

ところで、ユネスコってなんでしょう?




posted by ゆきぢ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 世界遺産とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。